日々雑感

西洋医学と東洋医学、どっちがいいの?(170)

ときおり患者様の中に東洋医学に陶酔している方や、西洋医学を毛嫌いする方がいますが、それは間違いともいえます。西洋医学には西洋医学の得意分野というのがありますし、東洋医学には東洋医学には東洋医学の得意分野というのがあります。
クライアント様の声

和歌山市より、はじめての美容鍼灸(169)

和歌山市より美容鍼灸を受けるために蓬庵まできてくださりました。きっと着くまでにたくさんの美容鍼灸をしている先生のところ通過してこられたと思います。わざわざ和歌山市から来て頂けるのは嬉しいです。
日々雑感

橿原神宮へ初詣 2019年1月2日(168)

人がたくさんいる拝殿前ででなく、少人数でさらに中で参拝できるのでとても落ち着いてお参りできました。
日々雑感

はじめての美容鍼灸|Photo KAOの前川香さん(167)

Photo KAOの前川香さんはカメラマンをされています。記事の上部にのせている美容鍼灸を施術している写真をはじめ、蓬庵のホームページに掲載している写真を撮影して頂いた方です。
日々雑感

亥年にバッチリ?猪がたくさんいる禅居庵(166)

摩利支天という神様は猪の上に座っています。伏見稲荷大社では眷属(けんぞく)が狐でしたが、こちらでは猪が眷属として従えていることになります。そのため、こちらには境内に狛犬ではなく狛亥が祀られています。 摩利支天は亥年の守り本尊として信仰を集めているだけでなく、開運や勝利に導く神様です。
日々雑感

バッテリーを忘れたので「こんな夜更けにバナナかよ」(165)

気になっていた大泉洋さんがでている筋ジストロフィーについて描いた映画を見ました。実話がもとになっているということで興味深いです。筋ジストロフィーについて十分に伝えられているかというと物足りなさはあるけれど、やがて自分で呼吸もできなくなる難病を大泉洋さんがユーモアに描いています。
日々雑感

よなよな名古曽蛭子神社へ (164)

商売繁盛の神様として「えべっさん」と呼ばれ親しまれていますが、他の地域ではそうでもないようです。七福神にも入っている恵比寿天(えびすてん)としても知られています。蛭子と書く由縁からいいますと、蛭子(ヒルコ)は『古事記』にでてくる神様です。
日々雑感

伏見稲荷大社へ初詣 2019年1月3日(163)

知り合いの先生と伏見稲荷大社へ行って来ました。宇迦之御魂大神 (うかのみたまのおおかみ)が伏見稲荷大社の中心となる神様で、神名の「ウカ」は穀物・食物の意味があるとされています。今ではお稲荷さんとして有名です。
日々雑感

雪の高野山へ初詣 2019年1月2日(162)

1月2日の日に高野山へ行きました。道路に雪はなく車でもスムーズに行くことができました。それでも高野山に着く頃には空気がかわり、お寺の敷地などに入ると雪が残っていました。清高稲荷神社にも行きました。
養生法

春の七草と小寒(161)

日本では、1月7日の朝に1年の無病息災を祈って七草粥を食べる習慣があります。お正月で美味しいものを食べて疲れている胃腸を休める作用があります。七草粥はお正月の行事として定着していますが、本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句のひとつです。