ホーム

施術方針について
五臓六腑えお整え元気を取り戻す。

和歌山県橋本市の鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)では、東洋医学の考えに基づき施術をおこなっています。お身体の状態を総合的にみることで症状がどのような原因でおこり、どのような状態なのをかを見極めて施術を行っていきます。

鍼灸は人間が本来もっている自然治癒力を高める施術です。

打鍼術 打鍼 

東洋医学では、私たちの体は「気(き)血(けつ)水(すい)」で構成されており、それらのバランスが崩れることで体調が悪くなるとされています。

また、体質の大きな要素となる内臓の状態を見極めていくことが大切です。

施術ではそれらのバランスを整え、体の中のたえまなくめぐっているエネルギーである「気」の調節していきます。

写真はお腹の関元という生命力を高めるツボに純金の刺さない鍼をあてているところです。

当院の施術の内容についての説明

1.安心安全な施術

手に鍼を持ち刺している画像です。

施術で一度使用した鍼はすべて廃棄しております。日本製の質が高い鍼を使用しており、衛生的ですので安心して施術を受けて頂けます。

詳しくはこちら

2.豊富な施術実績

豊富な施術実績があります。患者さんの手を持って筋膜リリースをしている画像です。

腰痛、肩こり、痛み、シビレなど一般的なお悩み以外にも、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、アトピーなど豊富な施術実績を持っています。

詳しくはこちら

3.プライベート空間

問診票に記入してもらっているところの画像です。プライバシーに配慮しました。お一人おひとりのプライベートな空間です。

完全予約制のためプライバシーが守られています。おひとりお一人のプライベートな空間でお悩みや症状についてご相談していただけます。

▶ 詳しくはこちら

蓬庵の院長からの挨拶です。

「心」と「体」によりそい、その日、その人だけの施術をしています。

和歌山県橋本市の蓬庵、院長の和田智義です。

ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。蓬庵(よもぎあん)の和田智義です。

蓬庵の施術は部分的な痛みや症状だけをとる施術ではありません。時間をかけたカウンセリングとともに脈診や舌診といった東洋医学による見立てをおこないます。

症状の原因を追及して、お一人おひとりの体質やその日の体調に合わせて鍼灸や整体の施術を行います。

本来、人間には自然治癒力といって自分自身の力で体を元気にしようという働きがあります。その力を引き出す施術をしています。

名前:和田智義(わだともよし)

出身:関西医療大学(関西鍼灸大学)

資格:はり師、きゅう師、鍼灸学士

所属:鍼灸チーム『NAGOMI』代表

得意分野:東洋医学に基づいた施術、小児はり、養生

論文:僧帽筋刺鍼法を用いた刺鍼後に発生した気胸の検討―MDCTを用いての分析―2011,5,12-15、全日本鍼灸学会にてポスター発表

▶ 詳しいプロフィールはこちら

蓬庵からのお知らせを掲載しています。

和田先生の蓬庵通信です。

蓬庵からのお知らせとミニコラムを書いています。

過去の蓬庵通信はこちら

【お知らせ】

令和3年8月1日

8月9日(月)施術します。

祝日となっていますが平常通りの施術です。

8月14日(土)お休みします。

お盆休みを頂きますので施術はお休みとなります。

その他の日は、月、水、木、土曜のいつもと同じ施術日となります。よろしくお願いいたします。

【更新情報】 

毎日ブログを更新しています。

ブログを見る

当院のご案内です。

予約制になりますので事前にご連絡をお願いします。

LINEで予約したい方は画像をタップしてください。

蓬庵のLINE@が開きます。登録後に送られてくるメッセージにしたがって、ご予約お問い合わせください。

電話で予約したい方はタップしてください。

施術中は留守番電話になる場合があります。折り返しお電話しますので、お名前とご用件をご連絡ください。

ネットから予約したい方はタップしてください。

お問い合わせのメールフォームが開きます。お電話番号、メールアドレスのお間違いにご注意してください。

*施術案内

完全予約制です。当日の予約受付は午前9時から午後7時までとなっております。最終の予約枠は午後8時です。

時間

※時間外の施術についてはご相談ください。その他不定休あり、火曜と金曜は大阪府茨木市(たくみ養心堂鍼灸整骨院)での施術になります。

*アクセス

鍼灸治療所蓬庵 和歌山県橋本市高野口町向島84-13 駐車場2台あり 京奈和自動車道の高野口ICより車で4分

▶ 周辺の詳細地図を開く

GoogleMapを開く

JR和歌山線の高野口駅より徒歩で10分、タクシーで3分 南海高野線の橋本駅よりタクシーで13分

*Googleマップ

タイトルとURLをコピーしました