症状

毎日コラム

和田先生の日々雑感(100)「歯と東洋医学」

和田先生の日々雑感(100)「歯と東洋医学」 2018年5月16日(水) こんにちは、東洋医学ライフを提案する橋本市の隠れ家鍼灸院こと蓬庵の和田です。 先日に歯医者さんへ行ってきました。とくに問題と言うことではなく定期的なメン...
毎日コラム

和田先生の日々雑感(3)「妊娠悪阻(つわり)」

和田先生の日々雑感(3)「妊娠悪阻(つわり)」 2017年9月27日(水) こんにちは、蓬庵の和田です。 今日は妊娠悪阻(つわり)の患者様がこられました。妊娠悪阻(つわり)も鍼灸で改善が期待できる症状の一つです。 中...
症状

症状シリーズ「めばちこ」「麦粒腫」「ものもらい」

「めばちこ」を早く治すにはお灸が有効! 症状シリーズ「めばちこ」「麦粒腫」「ものもらい」 ここのところSNSの投稿で「めばちこ」で困っているという投稿を見たので書いてみます。実は「めばちこ」も鍼灸治療で早く改善することができます。 「...
症状

ヘルパンギーナの説明

手足口病、プール熱、ヘルパンギーナの3つを三大夏風邪といいます。今回はヘルパンギーナについて紹介します。 ヘルパンギーナ ヘルパンギーナの概要 ヘルパンギーナも子どもによくみられる夏風邪です。毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小...
症状

プール熱の説明

夏風邪であるプール熱、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)につてお話します。 プール熱(咽頭結膜熱) プール熱の概要 プール熱は乳幼児を中心に夏によくみられます。夏を中心に流行する急性のウイルス感染症で、発熱が主な症状です。プールで...
症状

とびひ(伝染性膿痂疹)についての説明

夏におこりやすい皮膚病である「とびひ」についてお話します。 とびひ(伝染性膿痂疹) とびひの概要 「とびひ」は、正しくは伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。主に高温多湿になる5~6月から夏にかけて皮膚の抵抗力の弱い0...
症状

手足口病についての説明

夏に子どもが感染しやすい手足口病について説明しました。 手足口病(てあしくちびょう) 乳幼児を中心に流行しやすい夏風邪のひとつ「手足口病(てあしくちびょう)」について説明したいと思います。手足口病は主にノドや手足に水泡や発疹がでます...
症状

耳鳴りと東洋医学

蓬庵では体質と根本的な原因に応じた耳鳴りや突発性難聴の治療をしております。早期の治療が有効ですのでお早めにご相談ください。耳鳴りもや難聴もお気軽にご相談ください。→090-5964-9481
鍼灸・針灸

夜尿症・おねしょの治療

蓬庵の夜尿症(おねしょ)の施術は、東洋医学の体質と原因に基づいて、心地の良いお灸と子供用の刺さないハリでおこないます。早期の治療が早期の改善につながります。お気軽にご相談ください。→090-5964-9481