逆子ちゃんがなおっていいました!|橋本市の患者様

さむね サムネ コラム 鍼

逆子ちゃんがなおっていました!!

2017年5月30日(2019年3月23日に再編集)

こんにちは、東洋医学ライフを提案する橋本市の隠れ家鍼灸院こと蓬庵の和田です。今回は患者様からの逆子の報告について書いていきます。

逆子(さかご)

患者様からのLINE

逆子鍼灸の施術中だった患者様から良い連絡きました(*^-^*)

逆子がなおっていました。橋本市の女性のための逆子鍼灸

はじめての双子での逆子でした。双子のうち1人が逆子になっているということで、それが改善できれば計画分娩で帝王切開をしなくてもよいかもしれないということでした。

双子は特殊な状態です。とくに今回は一卵性ということで、双子の間に仕切りがなく同じ空間にいます。

逆子になっている理由が胎児にとってその方が都合がよくてそうなっている場合も考えられます。その場合は積極的に改善しようとするのが良いのか悪いのか迷うところでした。そして大きさが少し逆子の子の方が小さいということでした。

とりあえずお体の状態をみてみるとあきらかに体のバランスの崩れがあったので、それをなおすことにしました。

3回目の施術後にはバランスの崩れは改善していたのですが、その後の検診では戻っておらずさらに2回の施術をして検診にいって頂くと逆子が改善していたようです。

また逆子だった方が少し小さめといわれていましたが、検診では大きさの差も施術の効果もあってか少なくなっていたようです。このまま順調にいけば帝王切開をせずにいけるかもしれないと喜ばれていました。

出産まで気はぬけませんがこののままうまくいくことを願っています。

逆子の詳しい解説

蓬庵の逆子のページ

より詳しい施術の方法や料金、逆子の原因については以下のページをご覧ください。お気軽に質問もお待ちしております。

逆子の原因と鍼灸施術について
逆子は早期の段階で治療することが大事です。今は芸能人の多くも逆子をお灸で改善しています。橋本市の蓬庵は予約制なのでご予約をお願いします。紀の川市、岩出市、五條市からも多数来院→090-5964-9481

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました