和田先生の日々雑感(96)「ダイソーのお灸をやってみた!」

和歌山県橋本市の東洋医学に強い鍼灸院です。和田先生の日々雑感(96)「ダイソーのお灸をやってみた!」

2018年4月26日(木)

こんにちは、東洋医学ライフを提案する橋本市の隠れ家鍼灸院こと蓬庵の和田です。

昨日(4月25日)に患者様から「100円均一のダイソーにお灸が売っていたよ!」ということで買ってきて下さいました。昨年に同業の先生から売っていたという情報は聞いていたのですが、実際に見たのははじめてでした。

DAISOのお灸100円

香りなどが何種類かあるようです。ひとつのパッケージに4つのお灸が入っています。せんねん灸と同じ形をしている台座灸という形のお灸になります。さらに大きなくくりでは温灸(おんきゅう)というグループに入ります。

実際に使えるレベルなのか実際に試してみました。合谷(ごうこく)というツボにやっています。

合谷(ごうこく)にダイソーのお灸

少しお灸が台の中心からずれているような気もしますが、はたして使用感への影響はあるのでしょうか!?

1個あたりの値段で考えると、大手ドラッグストアーではせんねん灸のレギュラー260個いりが2000円ほどで売っていたのを考えると決して安いとは言い切れません。実際に使えるレベルのものか試してみました。個人的な意見になりますがよかったら参考になさってください。

1パッケージにお灸4個、2カ所のツボの場所を書いた説見の紙、熱を調整するためのシールがついています。

まず匂いや煙ですが、普段からお灸になれているので一般の方より鈍感な可能性はありますが、特別に煙や匂いが強いということは感じませんでした。

今回は熱を調節するシートは使わずにやってみました。8~9割ほど燃えた頃よりぬくもりを感じ始めますが、だんだんと熱くなるというよりは急激に熱くなってきて皮膚の表面がチリチリと熱いという印象を受けました。

直接にやると急に熱くなったので少し場所をはりかえて使いました。ですので、はじめての方は熱を調節(緩和)するシールを使った方がよいかもしれません。同じようにもうひとつやってみましたが、ひとつめとは少し熱のきかたにムラがあるように感じました。

お灸として使えるか?、使えないか?でいえば十分に使えるものだと思いますが、使いやすいものか?と聞かれればせんねん灸の方が熱量の種類がわかれていて、熱刺激も安定しているので使いやすいと思います。

他のメーカーからも同じような商品はでているのですが、せんねん灸が一番身近なドラッグストアーでも取り扱っていて入手しやすいので患者様にもオススメしています。

動画にしてみましたが、時間を見ていなかったら思った以上に長い動画になってしまったので反省です。

 


よかったらインスタグラムもご覧ください。趣味の写真を投稿しています。

インスタグラム(一眼レフ写真)
https://www.instagram.com/yomogian.wada/

今は赤目四十八滝の写真の投稿が終わり、今年に撮った桜の写真の投稿をはじめています。

インスタグラム(スナップ写真)
https://www.instagram.com/wadatomoyoshi/

日々気まぐれ、いろいろ投稿しています。

インスタグラム(鍼灸治療所蓬庵)
https://www.instagram.com/yomogian89/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です