和田先生の日々雑感(33)「プロテクノPNF」

和歌山県橋本市の東洋医学に強い鍼灸院です。肩こり腰痛の整体院です。
和田先生の日々雑感(33)「プロテクノPNF」

2017年11月26日(日)

こんにちは、東洋医学ライフを提案する蓬庵の和田です。

【小雪(しょうせつ)】

11月22日に二十四節気では小雪をむかえ、その数日前には高野山では雪が降ったりと本格的に冬の寒さがやってきました。

朝に体がこわばる・痛む、足が冷える、そんな患者様も多くなってきました。すっかり投稿があいてしまいましたが、いろいろ新しいこともありました。またすこしずつ紹介していきたいと思います。

そのうちのひとつに蓬庵に電気の治療機器(テクノリンク社のプロテクノPNF)を導入しました。

プロテクノPNF

プロテクノPNF

いわゆる低周波の治療効果よりも、適切な体の反応に応じた鍼灸治療の方が効果が高いと、学生の頃から鍼灸専業の大先輩方の治療をみて感じていた頃もあり、正直なところ卒業当時はあまり電気の治療機器は導入する予定はなかったのです。

研修先は鍼灸メインながらも整骨院でもあったので、そこであったのが今回導入した治療機器です。鍼灸どっぷりな師匠が効果を感じて導入したというだけあって、卒業時の私より優秀な治療をするという治療機器でした。

それでも鍼灸で治したいという変な意地で導入せずにやってきたというのと、定価では320万円というとんでもない価格というのもあり見送ってきました。

今は自身の治療も大分整理されてきて、鍼灸だけで治せるもの、治療機器を使った方が有効なものがわかってきました。

音楽家のジストニアや脳梗塞のリハビリなど、なかなか良い効果を経験しています。

変なプライドやエゴよりも患者様のメリットを優先することにしたのと、今なら自分の治療に自信がなくて使うというような後ろめたさはありません(^-^)

ないと治療で困るというほどでもないので、数年ほど状態の良い中古がでたら買おうというぐらいの軽い気持ちでさがしていたのですが、ようやく導入することになりました。それでも安い買い物ではないので、買おうか迷った前夜は心労で動悸しました(^^;

今はお試しで使ったりしていますが、患者様の評価はなかなか良いです。回数券か回数指定のないパスポートでの提供となる予定です。難点は和室にあわないブルーカラーに少し邪魔なこと(^^;