和田先生の日々雑感(20)「秋から冬へ」

和歌山県橋本市の夜泣きをなおす小児りの治療院です。子供のアトピーや喘息の口コミや実績多数です。橋本市や紀の川市や五條市や九度山町からも多く小児はりに来られています。
和田先生の日々雑感(20)「秋から冬へ」

2017年10月20日(金)

こんにちは、蓬庵の和田です。

今朝に少し残っていた分もニュースレターを投函しました。まだお手元に届いていない方はあとしばらくお待ちください。

また今日から土用(どよう)にはいっています。

夏の土用の丑の日が有名ですが土用は各季節ごとにあり、今回の土用は秋から冬への準備期間といえます。

土用についてはコチラ→土用って何?

秋にはいり「暑い」が「涼しい」へ、そして「涼しい」が「寒い」へと変わってきていますね。

すでに冷えが原因の症状やカゼの方もでてきています。発熱のお子さんもいました。皆さんも油断してカゼをひかないように気をつけてください。

私も少し冷えていたのか、いつもよりはトイレにいく頻度が多く尿は透明で量も多いと朝から思っていたのですが、帰りの電車に乗る前にトイレにいったのに少し前にコーヒーを飲んだためかすぐにトイレに行きたくなりました。

おしっこの冷えの所見としては、尿は量が多く色は透明、頻度が多くなり、寒いときや夜間から午前中に多くなる傾向があります。

いつもはコーヒーを飲んでもそんなことはないんですけどね。我慢していましたが止む終えず金剛駅で途中下車してトイレに行きました。コーヒーも作用としては冷やす傾向にあります。

特急に乗らないと終電のJRに間に合いません。仕方なく20分ほどのために特急券510円を買いましたが、510円で難を逃れることができたと思えば安いものでしょうか(^^;

橋本市の整体院、鍼灸院

南海電車 特急りんかん 特急券

終電電車で本当におりれない状況なら大変なところでした。

そして日曜日は大人の遠足ということで、伊勢神宮へ行くことを予定していましたが、天候が悪く台風の影響も予想されたので中止としました。

残念ですが、またの機会にぜひご参加してください(^-^)