お灸の歴史・種類・効能について

蓬庵で使っているお灸、お灸の歴史・種類・効能を紹介します。

お灸・Moxibustion・

蓬庵とお灸

蓬庵の蓬(よもぎ)という字は、お灸で使う艾(もぐさ)がヨモギからできているところから名前をとっています。蓬庵では、他の治療院と比べると、お灸をよく使う方だと思います。必要に応じて、八分灸、透熱灸、棒灸、箱灸をメインに使っています。

お灸のもぐさ

お灸に使う線香ともぐさ

お灸の種類

直接灸(ちょくせつきゅう)

皮膚の上に直接もぐさをおいてお灸をするやり方です。灸痕といって、火傷が残るものを有痕灸(ゆうこんきゅう)、火傷が残らないものを無痕灸(むこんきゅう)ともいいます。直接灸にもいろいろなやり方があり、有痕灸と無痕灸の両方があります。

お灸、透熱灸、直接灸

専用の線香で火をつけます。

透熱灸(とうねつきゅう)

昔ながらの火傷が残るお灸で、皮膚の上に直接もぐさをひねった艾炷(がいしゅ)を立てて線香で火をつけ、途中で消さずに焼ききる。艾炷(がいしゅ)の大きさは必要に応じて調節する。その目安として、米粒の大きさを目安とした米粒大(べいりゅうだい)、米粒を半分にした半米粒大(はんべいりゅうだい)がよくつかわれる。また、糸の用に細くした艾炷(がいしゅ)でするお灸を、糸状灸(しじょうきゅう)といいます。現在も透熱灸を使ったお灸のやり方として、深谷灸法が有名です。

深谷灸の竹筒

深谷灸につかう竹筒、故深谷伊三郎氏が使っていた竹筒を持たせてもらいました。

※艾炷(がいしゅ)とは、綿のような状態のもぐさを三角錐状に成形したもののことで、指腹でもぐさを転がして、その形に成形することを、「もぐさをひねる」、「もぐさをもむ」、「もぐさをもみだす」といいます。

左から、お米、米粒大、半米粒大、糸状灸

左から、お米、米粒大、半米粒大、糸状灸

知熱灸(ちねつきゅう)

お灸のやり方は透熱灸とほぼ同じですが、艾炷(がいしゅ)が8割ほど燃えたところで火を消したり、熱く感じたところでお灸を取ってしまします。米粒大や半米粒大の艾炷(がいしゅ)を8割ほど燃えたところで火を消すやり方を八分灸といい、一般的によく鍼灸院で使われるお灸のやり方です。8割で消してしまうので、さほど熱くなく火傷になることもありません。

学生の頃は、八分灸をしているのに透熱灸になってしまうことも、お灸を心地よくすえるのは、なかなか難しい技術なんです。

焼灼灸(しょうしゃくきゅう)

魚の目や胼胝(タコ)といった角質化した部位にお灸をする。硬くひねった艾炷(がいしゅ)によって角質化した部位を焼くことで、魚の目やタコをきれいにとることができる。硬くひねることで密度の濃い艾炷(がいしゅ)となるため、燃焼時間が長く燃焼温度も高くなるため、魚の目や胼胝(タコ)の治療に適している。角質化しているため、熱く感じないことが多い。ただ、1~2ヶ月ほど毎日お灸を継続する必要があり、根気のいるお灸ですがきれいに改善します。

打膿灸(だのうきゅう)

大豆大から指頭大の艾炷(がいしゅ)を焼ききり、その部位に膏薬(こうやく)やすいだし膏というものを塗ったり、貼ったりすることで故意に化膿させることで、免疫力が高くなるといわれている。大きな灸痕(やけど)を残すため、一般の治療院ではしないことが多い、現在も家伝のお灸として、一部の治療院やお寺で行われている。東京では「四つ木の灸」、大阪では「無量寺の灸」が有名です。

「四つ木の灸」 打膿灸(だのうきゅう)

「四つ木の灸」 三代目 板橋英子先生

東京灸法臨床研究会(2007年3月18日)の講習会風景です。打膿灸で有名な「四つ木の灸」の三代目である板橋英子先生によるお灸です。受けられた方は、お灸よりも、周りを押さえる先生の手の方が痛いと言われていました。

間接灸(かんせつきゅう)

皮膚の上に直接もぐさを置かないで、伝導熱や輻射熱を利用するお灸をするやり方です。火傷が残らない無痕灸(むこんきゅう)で、温灸(おんきゅう)とも言われます。

隔物灸(かくぶつきゅう)

もぐさの下に生姜、ニンニク、味噌、びわの葉、塩などを置いて伝導熱を伝えるお灸のやり方で、下に置く物の薬効成分と温熱刺激を目的としたお灸のです。

台座灸(だいざきゅう)簡易灸(かんいきゅう)円筒灸(えんとうきゅう)

既製のシールやノリがついた台座や筒の上にもぐさがついて、皮膚にはりつけて使います。よく名前の聞く「せんねん灸」はこの種類のお灸です。ほかにも、カマヤミニ、つぼ灸などの商品名で市販されているお灸のことでメーカーによりことなります。火をつけるだけで使えるので家庭でも手軽にできるお灸です。

せんねん灸

台座灸

棒灸(ぼうきゅう)

タバコのようにもぐさを棒状にしたお灸です。ツボにかざしたり、びわの葉や和紙の上から押さえて使うことが多く、輻射熱と伝導熱を利用するお灸です。

足のツボに棒灸

足のツボに棒灸をしているところです。

※実際にタイケイ穴へ棒灸をしている動画です。

灸頭鍼(きゅうとうしん)

皮膚に鍼を刺して、その鍼の上に丸めたもぐさをつけて、それに火をつけます。鍼の刺激とお灸の輻射熱を同時に与えることが出来るやり方です。

箱灸(はこきゅう)

箱の中に網をはり、もぐさを燃やします。輻射熱を利用したお灸で、温熱の範囲が広く、お腹や腰に使うと非常に気持ちの良いお灸です。

箱灸をしているところ

関西医療大学学園祭にて灸道部のお灸体験、子どもでも気持ちいいのでうけられます。

手作りの箱灸

箱灸を上から見ています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です