とびひ(伝染性膿痂疹)についての説明

夏におこりやすい皮膚病である「とびひ」についてお話します。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひの概要

「とびひ」は、正しくは伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。主に高温多湿になる5~6月から夏にかけて皮膚の抵抗力の弱い0~6歳の子どもに多く見られます。

とびひと東洋医学

東洋医学では湿熱といって、体の中に「熱」と「湿」がこもっているタイプの方がジュクジュクに炎症をおこしやすい傾向があります。また体に熱がこもっている方が虫にも刺されやすく、刺されたあとも腫れることが多いです。「とびひ」は東洋医学では“黄水瘡”や“滴漏瘡”と呼びます。

とびひの原因ウイルス

黄色ブドウ球菌とレンサ球菌

虫さされ、あせも、かき傷、すり傷、湿疹などに黄色ブドウ球菌やレンサ球菌といった細菌が入り込んでおきます。これらの細菌は、健康な皮膚には感染しませんが、傷ができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染しやすくなります。

虫さされがきっかけになることも

とびひの症状と原因

水疱(すいほう)か?かさぶたか?

とびひは水疱(すいほう)や膿(うみ)がたまる化膿性の病気です。黄色ブドウ球菌が原因の時は水疱ができるので、ブドウ球菌性膿痂疹(のうかしん)と呼ばれ、レンサ球菌が原因の時は膿(うみ)や厚いかさぶたができるので、レンサ球菌性膿痂疹(のうかしん)と呼ばれます。

黄色ブドウ球菌が原因→水疱(すいほう)

レンサ球菌が原因→膿(うみ)・厚いかさぶた

原因は、虫刺されや擦り傷など皮膚の浅くて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、菌がつくる毒素によって皮膚の浅いところに水疱ができます。

とびひの症状のでかた

虫刺され、湿疹、傷より悪化

症状の現れ方は、虫刺され、湿疹などの引っかき傷、などのところに膜の薄い水疱ができます。水疱の中の液はうみのように濁って、簡単に破れて皮膚がただれます。すぐにかさぶたができますが、できて手でかいているうちに周辺だけでなく他の部分にも広がり、“飛び火”してゆきます。

とびひの診断

とびひと血液検査

血液検査で白血球数が増え、炎症をしめすCRPが陽性となり、連鎖球菌に対する抗体が上昇することがあります。診断は比較的簡単ですが、他の水疱ができる病気(虫刺され、接触皮膚炎、みずぼうそう、と間違えられることがありますので、治りにくい場合には皮膚科の専門医の診断を受けることが大切です。

気になる場合は皮膚科へ

とびひの治療

内服薬や塗り薬

「とびひ」は、傷の大きさやジュクジュクしている部位により、抗生物質の内服や塗り薬が処方されます。かゆみがひどい時には、かゆみ止めのヒスタミン剤が処方されることがあります。

リンデロンVG軟膏

塗り薬は専門医の指示のもと使用してください。

とびひでの注意

患部は清潔にする

治療の中で一番大切なことは、皮膚を清潔にすることです。ひっかかないようにガーゼで覆うことが大切です。また、日頃の注意としては毎日お風呂やシャワーを浴び、石鹸を使ってよく洗いましょう。

とびひの予防方法

保育園や幼稚園での注意

保育園や幼稚園の場合は、とびひの範囲が広い場合はお休みすることも必要ですし、子供同士が直接ふれないようにガーデなどでおおいましょう。また、ジュクジュクしている場合はプールはお休みし、タオルの共用も感染の原因になるのでやめましょう。

保育園や幼稚園での感染に注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です