手足口病についての説明

夏に子どもが感染しやすい手足口病について説明しました。

手足口病の治療

手足口病(てあしくちびょう)

乳幼児を中心に流行しやすい夏風邪のひとつ「手足口病(てあしくちびょう)」について説明したいと思います。手足口病は主にノドや手足に水泡や発疹がでます。

手足口病の原因ウイルス

手足口病は、口の中や、手足などに水疱(すいほう)の発疹が出る病気です。原因はウイルスの感染によって起こります。子どもを中心に、主に夏に流行しやすく5歳以下の乳幼児が90%を占めています。主に、コクサッキーウイルスA16、エンテロウイルス71が発症の原因となり症状がおこります。

コクサッキーウイルス

手足口病の感染ルート

どのように感染するかといいますと、咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染、ウイルスがついているものに皮膚や粘膜が触れることでおこる接触感染、便として排出されたウイルスが口にはいることでおこる糞口(ふんこう)感染が知られています。

手足口病に感染しやすい年齢

この病気にかかりやすい年齢層の、乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などではとくに注意が必要です。理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触がおこりやすい環境であることや、衛生に対する知識がまだないために、施設の中で手足口病のお子さんが1人いるだけでも集団感染をおこすことがあります。

保育園や幼稚園など施設での集団感染が多い

乳幼児では、原因となるウイルスに感染した経験のない割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。

手足口病の経過

感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3ミリの水ほうの発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられます。

※ここには画像をのせませんが、ネットで検索していただくと水疱や湿疹の画像もでてきます。お子様の症状で手足口病が疑わしい場合は確認してみてください。

ほとんどの場合は、数日間のうちに治る病気です。発病しても軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどで、特別な病気ではありません。多くの大人は子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。

しかし、まれに髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。症状がなかなかよくならない場合などは医師に相談しましょう。

気になる場合はすぐに医師へ相談

手足口病の治療薬

手足口病には有効な薬はなく、発病を予防できるワクチンもありません。治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されています。

手足口病の予防方法

予防するためには、手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、しっかりと手洗いをすることが大切です。特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしましょう。 また、タオルの共用はしてはいけません。

手足口病の治療

手足口病に特効薬はなく、有効な治療方法はありません。多くの場合は、軽い症状の病気ですから、経過観察をしながら症状に応じた治療となります。

有効な特効薬はありません

手足口病での注意事項

発熱がある場合は、こまめに水分をとり脱水に気をつけ、家でゆっくりと休息をとります。口の中に水ほうができている場合は、痛くてご飯が食べられないことがよくあります。お粥やゼリーなど、食べられるものを食べましょう。ご飯を普通に食べられるようになってくるともう心配はいりません。乳児の場合は、機嫌が悪くぐずりもひどくなりますが、数日いから1週間のしんぼうです。

手足口病のまとめ

今日は手足口病についてお話しました。大事なことは、そんなに心配する病気ではないこと、予防として手洗いをしっかりとすることです。疲れている場合など、免疫が落ちていると大人でも感染することがあるので、大人も注意が必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です