ヘルパンギーナの説明

手足口病、プール熱、ヘルパンギーナの3つを三大夏風邪といいます。今回はヘルパンギーナについて紹介します。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの概要

ヘルパンギーナも子どもによくみられる夏風邪です。毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜの代表疾患です。高熱とともにノドの奥に水泡ができるのが特徴的です。

ヘルパンギーナの原因

原因ウイルスは多種類ありますが、多くはコクサッキーAウイルスが多いといわれています。そのほか、コクサッキーBウイルス、エコーウイルスなども、ヘルパンギーナを起こすことがあります。

ヘルパンギーナの症状

2~4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症し、のどちんこの上周辺に多数の水疱がでてきます。水疱が破れて潰瘍(かいよう)を作ることもあり、小児では痛みのために水分摂取が不足し、高熱ともあいまって脱水症状を起こすことがよくありますので注意が必要です。

発熱に伴って熱性けいれんを合併することもありますが、一般的に数日の経過で回復し、予後は良好です。

ヘルパンギーナの診断

高熱と特徴的なノドの水泡の症状を目安に診断されることが大半です。原区別すべき病気として、単純ヘルペスウイルスによる口内炎、アフタ性口内炎などがあります。

ヘルパンギーナの治療

通常はとくに治療はなく、対症療法だけで回復します。飲食ができなくなったり脱水症を併発した場合は、点滴を必要とする場合があります。

高熱が出て水分摂取が十分にできなくなる場合も多いため、早めにかかりつけの小児科を受診してください。

気になる時は病院へ

ヘルパンギーナの予防方法

流行時には、うがい、手洗いの励行、感染しているお子さんとの接触を避けることなどが予防につながります。ワクチンはありません。

ヘルパンギーナの注意

感染すると便に1カ月近くウイルスを排泄していることが多いため、排泄物やおむつ交換後の手洗いを徹底します。学校、幼稚園、保育所などでは登校・登園停止の疾患にはなっていませんが、その症状から、急性期は自宅での安静が必要です。

ヘルパンギーナのまとめ

小児に多い病気ですが、大人も免疫が落ちていると感染することがあります。どの夏風邪にもいえることは、どれも有効なワクチンや特効薬はありません。脱水に気をつけて、自宅で安静に過ごすこと、また日ごろの手洗いを徹底すること、感染している場合は便やオムツなどの処理に気をつけることが大切です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です